初産に立会い、新米パパになりました。

はじめに

無事に、元気な女の子が産まれました

2018年7/29 20:13に、元気な女の子が産まれました。

感情と記憶がホットなうちに、ブログにしておこうと思います。

はじめての出産、いわゆる初産の立会い。

幸い、大きな問題もなく、教科書通りの出産だと言われました。

そんな出産の、立会いブログをご覧ください^_^

前駆陣痛かもしれない痛みがくる《7/28 17時》

前駆陣痛とは?

分娩の3~4週間前より、不規則で1時間に2~3回の陣痛が見られるようになり、これを偽陣痛または前駆陣痛という。

初産の僕らには判断つかないので病院に電話

ネットで調べたり、人の話を聞いた知識だけで、自分たちで判断するより、病院に電話をした方が確実なので、病院に電話。

  • 3分から5分間隔で陣痛がくる
  • 痛みは、耐えれる程度

病院までは車で15分から20分。

この日が台風だったこともあり、何往復もすると我々も大変だという病院の判断で、陣痛の間隔が一定になって、痛みが明らかに強くなってきたら再度電話をすることに。

次、どのタイミングで病院に電話すればいいのか。。。笑

何か変化があったら教えてね、と、奥さんに伝えてお互い短いスパンで仮眠仮眠。。。

こんなことしてふざける余裕がまだこの時はありました(笑)

奥さんの痛がり方が変わる《7/29 0時》

陣痛に耐える時、声が出るように。

少し痛がり方が変わってきました。声が漏れて辛そうになりました。

でも、陣痛の間隔はまだ3分から5分とまばら

台風の影響もあり、指示通り自宅待機

指示通り、間隔が一定になるまで、奥さんを励ましながら自宅待機。

本当はすぐにでと病院に行きたかったけど、台風の中何往復もさせてしまうとかわいそうなので、もう少し我慢。。。

間隔も一定になり、陣痛も強くなってきたので病院へ《7/29 9時》

明け方、陣痛が大体10分間隔になり、いよいよ本気で辛そうなので病院へ電話。

幸い台風も去った後で、良い天気。

奥さんを車に乗せて病院へ向かいます。

即入院でした(笑)この瞬間、少し安心しました(笑)

入院してもらった方が、ソワソワしなくていいからすごい気が楽。

冷静なフリはしてましたが、結構テンパるものですね(笑)

看護師さんから、

  • 呼吸の仕方
  • 呼吸するときの姿勢
  • 腰のさすり方

を教えてもらい、2人でひたすら実行しました(笑)

いつまでやるんだー。。。いつまで続くんだー。。。

口には出さないけど、夫婦で同じことを思っていたことでしょう(笑)

子宮口が開いてきたので前室に移動《7/29 13時》

陣痛がきたら呼吸をちゃんとして、息をしっかり吐く。

奥さんは陣痛で痛いから僕が腰をさする。

これをエンドレスで続けていると、陣痛と陣痛の間隔がどんどん短くなってきました。

間隔が10分おきから3分おきくらいになり、看護師さんに相談。

奥さんは診察へε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

ここで奥さんのお母さん登場!

あー。。。心強い。。。ありがとうございます(笑)

そして頭の片隅には、むぎちゃん1人でいい子にできてるかなぁと考える余裕が少しだけできました。。。

奥さんが診察から帰還。

子宮口が5センチくらい開いたという事で、分娩室の前室に移動ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

子宮口が10センチ開くと分娩を始めるらしい。

もはや知らないことだらけだ。。。笑

前室でもひたすらひたすら奥さんの腰をさする。

お母さんがきてくれたので、交代でさすることに。少し楽になりました。意外と腰をさするだけでも大変。でも奥さんはもっと大変。

破水して、分娩室へ《7/29 17時》

ひたすら腰をさすり、かたや陣痛に耐える奥さん。

17時頃、奥さんがトイレに行くと、トイレで破水( ゚д゚)

みんなビックリ( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)

すぐさま分娩室へヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

いわゆる、テニスボールで腰を押すやつ

尾てい骨あたりをひたすら押す、旦那さんの1番大切なお仕事

テニスボールで押すやつ!!

いきみ逃しや、陣痛をやわらげる効果があるそうで、とてもとても大切な役割

やっと僕にもその役割が回ってきました!

どこにもテニスボールがない。。。

が、テニスボールがない( ゚д゚)

看護師さん「素手で握りこぶしを作って押し上げてください」

まぢすか(笑)痛くね??

いやいや、奥さんの方が痛いんだからやるしかないですね。

素手の拳で、ひたすら腰を押し続ける!

《さする》仕事から《拳で押す》仕事にジョブチェンジしました。

これが辛い。。。奥さんの方が辛いのは分かってます。

でも辛いものは辛いし、拳が痛いものは痛い。

かれこれ2時間、右手左手交互にして、奥さんの尾てい骨をひたすら押し続けました。。。

奥さんの痛がり方が1番辛そうでした

奥さん、この拳で押してる時が1番辛そうでした。

奥さんが、人間がこんなに大声を出して痛がっているのを初めて見ました。

この時、何度も何度も泣きそうになりました。

本当にすごいな、と、ただただ尊敬と感謝

奥さんの手を握って、もう片手でひたすら拳を尾てい骨あたりに突き上げてました。

分娩へ《7/29 19時》

日頃想像してた、出産場面へ

テレビでよく見る、出産シーンのやつです。いよいよここまできました。

僕が想像していた出産って、分娩室で何時間も赤ちゃんを産むために頑張っていきむ、みたいなものだったのですが、実際は分娩まできたらもう少し。

逆に、分娩までがすごい長かったです。

後日談ですが、奥さん曰く、先ほどまでやっていた拳を押しているときが

いきんではいけない

でも、痛みに耐えなければいけない

ので、分娩直前の陣痛が一番辛かったそうです。

分娩まできたら、顔が少しだけ余裕が出てきてました。

がんばれ!しか言えない

陣痛に合わせていきむ

休む

いきむ

休む

の繰り返し。もうここまでくると

がんばれ!!!

しか言葉がでませんでした。

汗をタオルで拭いて、うちわで扇いで、応援して。。。

男って無力だぁぁ(笑)

赤ちゃん誕生!《7/29 20:13》

少しだけ小さめな赤ちゃんが産まれました

分娩を初めて約1時間

看護師さん「頭出ましたよ!」

ふぅぅぅぅぅーーーーーーーん!!!!!

人生で1番、感動した瞬間

頭が出たらすぐ!そしてやっと産まれました。

長かったぁ。。。

でも、初産にしては教科書通りの出産です、と言われました。

奥さん、本当に頑張った。

奥さんには、感謝と、尊敬しかないです。

正直、男なので、親になった実感がまだないんです。

ただ、かわいい赤ちゃんが、奥さんの頑張りで産まれてきてくれました。

産んだのは奥さんだから、僕の《親になった実感》は、少しずつ芽生えてくるんだと思います。

最後に

人生で数回しかないであろう出産の立会いができて、むぎちゃんを含めて家族3人を、僕なりの形で守らないといけないなと思いました。

奥さんは、恩返ししきれないほどの宝物を、命がけで産んでくれました。

無事にみんなが暮らせるように、しっかり家族を守るのが僕の役割なんだと思います。

はじめまして!

新米パパだけど、君のために頑張るからよろしくね。